読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成らぬは人の為さぬなりけり

エンジニアライフをエンジョイする為のブログ

ペアプロ時のペアの配置

InfoQを纏めて読んだので、またまたInfoQネタですがw

ペアプロ時のペアの配置に関しての記事があった。


ペアプログラミング - 隣り合わせか,対面か


これは、なかなか興味深い。
私は隣り合わせのペアプロしか経験がないけれど、
この配置は、意外と良いのかもしれない。

自分なりに、分析してみた。

  • 横並びの場合
    • メリット
      • コミュニケーションが生まれやすい
      • なんとなく仲良くなりやすい
      • キーボードマウスを共有できる
    • デメリット
      • 相手の顔を見るのに横を向く必要がある
      • 近すぎて椅子がぶつかる
      • 体臭がきつい人とはやりたくない…
      • 相手との距離が近いので、レベルが高い人とはやりづらい(完全に私の主観)
      • 体の向きを斜めにせざるをえない
  • 対面の場合
    • メリット
      • 相手の顔が見やすい
      • ある程度の距離感が、自分と相手のレベルのが違ってもなんとなくやりやすい(私の主観w)
      • 相手と椅子がぶつかったりしない
    • デメリット
      • 横並びに比べて、距離が遠いので、コミュニケーションに若干障害が生まれるかも
      • キーボード、マウスを共有できない(やはりペアプロはキーボードを奪い合いたい)
      • 記事の机の配置は、結構難しいかも(すこしずつズラして斜めに並べる方法)


キーボード、マウスに関しては、奪いあう方が私は好きです。
なぜなら、そこでもコミュニケーションが生まれやすいし、
強制的に、ドライバー、ナビゲーターを交代できるから。
(キーボード奪われたら、ナビゲータにならざるをえない)

InfoQにも書かれていますが、
どちらが良いかは、人によるようですね。

私は隣り合わせの方が好きかもしれない。
実際に対面はやってみていないけれど、

この方法ではお互いのつながりがあまり感じられないのと,手ではなくマウスで指し示さなければならないことが分かりました。効果はありますが,何か,リモートペアリングのような感じですね。

と、同じ感想になりそうな気がする。

でも、一回やってみたいな、対面ペアプロ